包茎手術の勧め

もしあなたが真性包茎である場合はいち早い包茎手術を行うことをお勧めします。日本人にありがちな仮性包茎の場合私生活を送る面でそこまで支障をきたすわけではないので急な手術は必要ありません。しかし真性包茎の場合は私生活にも支障をきたす可能性が高く手術が必要になってきます。

さらに手術を伸ばし伸ばししていった場合男性器の成長にも妨げが出てきます。真性包茎の場合完璧に亀頭が皮でおおわれてしまっているため簡単に言うと先っぽを縛っている状態であるのです。体の成長とともに男性器の成長もあるので真性包茎のまま手術をしなかったら成長したとしても先細りの男性器になってしまいます。そのため手術する、しないという選択肢はもちろんするというのを取ったうえでさらにはできるだけ早く手術するという選択をしてください。

真性包茎は男性器の問題だけでなく、自分の性生活やパートナーの性生活にも支障をきたしてしまいます。自分では性行為を行ったとしても感度が悪かったりうまく射精ができないといった問題を抱えますし、性パートナーに対しては性病にかかってしまうというリスクを挙げてしまうことになります。

日常生活でも病気にかかってしまうリスクは高くほっておくと非常に危険な炎症になりかねません。いくら丁寧に洗っていると言っても危険は多く潜んでいるので早めに手術を行いすっきりしてしまったほうがいいでしょう。性器の手術は恥ずかしいものですがほっておくと一大事になりかねないので早めの決断をすることをお勧めします。